LINK
小学生、中学生の間は給食があったのでお弁当というのは、持っていくことがあっても特別な日だけでした。 たまのことなので、明日はお弁当だと思うとわくわくしていたのを思い出します。 しかし高校生になって毎日お弁当を持っていくようになると、その楽しさというのも感じなくなり、むしろ学校でパンを買いたいなどと思うようになりました。 というのも、私のお弁当はあまりおいしいとはいえないものだったからです。 母親が料理が好きでなかったようで、お弁当のおかずはいつも冷凍食品ばかりでした。 最初のころこそ物珍しかったので普通に食べていましたが、冷凍食品というのはたいていどれも味が似通っています。 コロッケも春巻きもハンバーグもグラタンも、それぞれ材料が違うはずなのになんだか皆同じ味がするのです。 でもその頃の私は毎日冷凍食品でもお弁当を作ってくれる母親に悪くて、お弁当はいらないからパンを買うお金をくれとはとても言えませんでした。