LINK

任意保険というものは強制保険の自賠責保険とは違って、自賠責保険の範囲内でカバーできない補償を考慮している凄く重要な保険といえます。

この任意の保険に関しては自動車損害賠償責任保険の上乗せということで役に立つものですので、自動車損害賠償責任保険の支払い能力を超えた場合に働きます。

また自賠責保険だけでは物に対する損害に対しては補償を受けることができないので物に対する損害をまかなうためには任意保険にも入っておくことが望ましいです。

既に任意保険を納付済みのクルマを買い取ってもらう時は、日本の自動車やイタリア車などことは例外なく、残っているお金が還付されます。

日本の車を査定に出す場合でも同様です。

自動車損害賠償責任保険の場合通常そのままにしておくのが常識ですが任意保険というのは誰でもかける保険ではないので、契約解除ということになります。

それで、キャンセルをすれば、今現在 払っている残っているお金が戻ってくるのです。

愛車の取引が成立したと言ってもすぐさま任意保険の契約を中途解約するというのはリスクがあります。

勿論すぐさま契約解除すればそれだけ還付されるお金は増えますがもしかしたら車買取のお店が遠くにあって自ら乗っていくということになったケースでは、保険なしで運転をすることになります。

万が一のリスクを考慮してこの先自分で自動車の運転をしないという状況にする時まで保険のキャンセル手続きはすることのないようにしましょう。

クルマを売却してすぐ他の車両に乗り換えるケースであれば構わないですが長い間乗らないような状態が続き任意保険の意味がなくなってしまったらこの任意保険未加入の時が存在する場合以前に続いていた任意保険の等級が下がるので、保険料の金額が増えることがあります。

そういった場合では「中断証明書」というものを提示してもらうようにしなくてはいけません。

この「中断証明書」があれば一定期間、中断前の任意保険の等級を引き継ぐことが可能です。

そして13ヶ月以内ならば発行依頼をすることができますのでもし既に愛車を手放していて「中断証明書」というものを発行してもらっていない状況でしたらその代理店にそのことを伝えるようにしましょう。

自分が他の車を買ってそれから前に持っていた自動車を引き取り依頼するのであれば、任意保険は片方のみの契約となります。

任意保険の更新という対応になるので、乗る必要がある自動車でしたら買い取りの際まで注意しましょう。

さらに、任意保険は自動車車両で保険料がそれなりに違ってきますから、車引き取りの時は任意保険をチェックしてみる好機にもなります。