LINK
FX(外国為替証拠金取引)で投資する魅力はたった一つの金融商品あるが、資金投下の期間を短い・普通・長いという3種類の中からどの期間をセレクトするのかということにより資本の投下の仕方が大きく違ってくるというところにあると言います。外国貨幣への投入の「長期スタンス」について考えましょう。長期は、一年以上の長期の投資を基準にしています。基本的に為替相場で一年も後々のレートは円高であるか、円安になっているかを考えるのはたいていの場合難問に違いありません。現実的には、「そんなにも後々の情勢は考えられない」と考えるのが一般的です。考えられないものを頭を使って予測しようと努力しても、それは無茶苦茶な行為です。そのことから他国の貨幣を買った場合、買った時の価格よりも円高になったとしても、それは待っていれば元に戻るはずだという程度の思いで売買に取り組むのが良いと思います。為替差益を無理に大きくすることよりも、別の方法での収益、言うなればスワップ金利(異なる通貨間の金利格差)を大きくするということを、一番最初の望みということにしてやりましょう。当然、ちょっとの間で為替の差損に損がひどく膨らむこともあります。そのことからそういったマイナスが大きくても影響のないよう、レバレッジを少なめで売買する心がけは大事です。FXは、損失が一定額を超えて広がってしまうと追加保証金が出て来たり、もしくはストップロス(ロスカット)がかかったりします。ストップロスをしたらすぐ取引を打ち切りする必要があり長期トレードは難しくなります。このようなリスクを抑えるためには、レバレッジ2?3倍にして取引するのが安心です。次は中期のケースの売り買いに関してです。中期投資の場合2ヶ月位先々を想定してのやり取りなのです。為替取引においては、だいたい1ヶ月先のことは、だいたいの場合、予想できるでしょう。G7の類の世界的な会議とか、為替トレードに参加している人たちが何を問題に注目しているのかを考えてみればある程度、予知できるはずです。こういった経済情勢を見る一方でチャートを参考にすることで、為替の状況を理解できるようになり、買いポジションか売りポジションかを判断するといいと思います。基本的に経済情勢とジャッジの両面で良い状況でありまたは買いが一致していればまず判断した通りに行くと思って大丈夫です。そうしたら持ち高を増やすことでより多い利益を得られるはずです。3つ目に短期のスタンスの重要点。この短期のスタンスが指しているのは言うなればデイトレのことを言っています。為替でデイトレをするにあたりファンダメンタルズは関係ないと明言していいです。というのはあくる日の為替レートの動きにファンダメンタルズは影響ないからです。ここで、一番のポイントは大きな行事があることでそれが影響して為替相場が大幅に変動する機会を見逃さないよう取引することです。例として、米国において雇用の情勢が出されるないしは金融会議などで金利が変動するという催し。こういう大事な機会に変動を逃してはいけないというわけで、短期スタンスでは様々なものが必要になる。