LINK

日刊紙の宣伝、タブロイド紙、電柱にある宣伝チラシや郵便広告などで「債務の合理化やります」「借金を一括化したいと思ったら」などといった広告を読むことがありますよね。カイテキオリゴ 口コミ 赤ちゃん

そういったものは、「整理業者」「買取業」「つなぎ屋」という名の悪徳会社のおとり広告のケースが存在します。海信ゼミ4期

そのようなものを依頼した場合は自己破産の中で最優先の免責認定を手に入れられなくなるパターンがあります。アヤナスリニューアル

「整理人」はダイレクトメールなどで債務者を寄せ集め、代金を出させて負債整頓をやりますが、現実には借金整頓は実行されずに、債務人はさらに債務地獄に陥ってしまうことがほとんどと予想されます。タチウオの保存方法

「買取人」とは、債務人のクレジットカードで家電製品、コンサートのチケットを限界まで買わせて負債人からそういった品々を売値の10%あるいは40%で買取るという方法のようです。

一時はキャッシュが得られますがそのうちクレジット企業から商品の完全な催促がきて、実際は債務額を増やす結果となります。

この際はクレジットカード企業へ犯罪行為ということで免責許可をもらえなくなります。

「紹介人」というのは、著名な金融業者から拒絶されるようになった借金者に対して、融資は全然せずに、資金提供をしてもらえる違う貸し手を知らせ、法外な紹介料を請求する業種です。

紹介者は自分の紹介で融資可能となったというふうに会話しますが現実には何もしていなくて種は簡単で調査の通りやすい店を説明しているということなのです。

この場合も債務を重ねることとなります。