LINK

雑誌の折込チラシ、スポーツ新聞、繁華街に見られる宣伝やDMで、「負債の整頓いたします」「債務を統合したくありませんか」という内容の売り文句を読むことがしばしばです。

これらは、「整頓業者」「買取人」「紹介者」という名称の悪徳会社の嘘広告のときがあったりします。

これらを使用した場合には自己破産申し立てフローの中で一番重要な免責認定を受けられない可能性もあります。

「整理屋」とはDMなどで借金のある人を引きつけ法外なサービス料を受けて整頓をしますが実際のところ負債整理は行われないまま、負債者はより債務スパイラルに陥ってしまうケースが大方になります。

「買取業者」というのは負債者の借金で家電製品、何らかの券などを仕入れさせ、債務人からそういった品目を販売額の1割から半値で受け取るという方法のようです。

債務人は一時は現金が懐に入りますがクレジット業者からの購入物の売値の催促がくることになり、借金を増大させる結果となります。

この場合はクレジットカード企業に対して詐欺であるということになり免責許可を手に入れられません。

「つなぎ屋」では人気の貸金から拒絶されるようになった債務人へ、業者として提供は全然せずに、貸出を可能である別な貸し手を知らせて、高すぎる紹介料を要求する業種です。

自らの苦労で金貸ししてもらったように説明しますが、実際は何もしないで、ただルールの緩やかなサービスを分かっているというだけです。

このときも債務を増大させるだけです。