クレジットカードの強制失効というのは名が表す通り強制的にクレカを没収(停止)させられてしまうことです。80-7-106

強制没収された場合には言うまでもなくクレジットカードについてはそれより先は完全に決済できなくなります。80-17-106

失効させられる原因は色々・・・クレジットカードを有無を言わさず没収させられてしまう事情は多岐に渡ります。80-10-106

基本的に日常生活の購買に関して利用する等クレカを使用している際には、ユーザーが強制退会となる理由なんてそうそうないはずですので安心して頂きたいと思いますが強制失効となる原因に関して記憶に留めておくということでカードが更に健全に利用できることになると思うため、以降ではパターンの一例を取り上げて記述できたらと思う。80-8-106

とにかく言えることはクレカの会社に対して信用されなくなる愚行をしたり、クレジットカード発行会社にとって損失となってしまうような愚行をしないでおけば、まずもって強制没収などということはないと言ってもよいでしょう。80-19-106

健全に利用するということが最優先でありますので、これまでそのような類の愚行をやったことのおありの人がいらっしゃればこれ以後はちゃんと良好な履歴と戻すようがんばって頂きたく思います。80-18-106

そもそもカードの請求代金を支払いしない:この場合は甚だ言うまでもないパターンではあるが、クレジットで購入した請求金額をクレジット会社に弁済しない請求額の踏み倒しをした場合、または常々借金生活のため請求額の支払いがままならないなどというケースは必ずと言っていいほど失効という処理がされてしまうことになるでしょう。80-16-106

元を正すとカード会社はあなたを信頼しているからこそ契約しているわけでありあなた自身が返済を履行しない以上は信用残高は全部壊れてしまうことになるでしょう。80-15-106

結果、クレジットカードを使用不可にすることにより以後の損失を阻止する処置をしなくてはならないために、強制退会となるわけだ。80-20-106

80-5-106