LINK

寒くなると毎年のようにぎっくり腰に見舞われていました。

しかし、ここ4年ほどぎっくり腰に見舞われていません。

なぜなら。

5年前に整体師になるための研修を受けたのです。

その時に腰痛や首痛、関節つなどがなぜ起こるのかと、その予防をがっつりと学習したのです。

人様に施術するなら自分はもっと腰痛が起こらない状態でいなければなりません。

まして、体を使うし中腰の姿勢がおおい仕事なので、おいそれと腰痛を持ってはいられません。

予防の方法としてはまずいつも仙骨を立てるように、ゆがまずに座ること、だらりと片足に体重をかけた姿勢で長時間立たない事、腰に力の入るような仕事や長時間歩かなければなら無いときは骨盤の周りにゴムをまいて保護すること 等、お客様にもいつもお伝えしていることをずっと実践しているからだと思うのです。

ぎっくり腰はとくに突然なるのではなくてそうなるような細かなストレスをためていてちょっとした刺激で臨界値に達していたものがあふれてくる状態なのです。

これも整体の知識があってのことです。

原因と対策を知っているってつよいものですね。