LINK

特定調停による方法も任意整理による処理と同じようにそれぞれ債権者に借金の支払いを継続していくことを選択した債務を整理する方法となります。

わかりやすくいうと裁判所が処理する任意整理となります。

任意整理による手続きと似ていますが、破産手続きと異なり一定の借金だけを整理していくことが可能ですので、他の連帯保証人が関与している借金を除いて整理をしたい際やクルマのローンを除き整理したい際などにおいてでも活用することも良いですし、築き上げてきた財産を手放してしまうことは求められませんので、株式や戸建て住宅などの自分名義の財産を持っているものの手放したくない状況であっても活用できる借金整理の手順といえるでしょう。

ただ、手続きを取った後の返済に必要となる額と実現可能な手取り額をかんがみて、適切に返済の目処が立つようならこの手続きを進めるほうが良いといえますが破産と違い返済義務そのものが消えるのではありませんので、負債の総額が多い状況では実際にこの特定調停という手続きを進めることは困難になるということになります。

なお、この手順は公的機関が間に入りますので弁護士等に見てもらわなくても立場が弱くなる心配がないという点や、処理のための金額を節約できるというメリットはあるのですがお金の貸し手からの取り立てに対し債務者自らが説明する必要がある点や、実際に裁判所に何度も足を運ぶことが必要になるというデメリットもあります。

さらには、任意整理による処理との比較点ですが、この方法により和解に達しない場合には求められている利息をすべて付けた金額で払っていくことになるということや最終的にそれら債務者に対し払っていく額が任意整理による解決の場合よりも割高になる傾向にあるという注意が必要な点もあります。