LINK

雑誌の折込広告、スポーツ紙、繁華街にあるビラやダイレクトメールなどで、「負債の整理整頓手伝います」「負債を一本化しましょう」というようなアピールを閲覧することがありませんか。http://www.mondecreate.com/

こういったものは、「整頓業者」「買取人」「紹介人」という俗称の企業のだまし広告のケースがあるということです。ピシマ

このようなものを使った場合は自己破産の流れの中で最重要な免責承認をもらえないリスクも存在します。

「整頓業者」とは、DMなどで債務者を呼び出し法外な費用を受け取って債務整理をやりますが、実際は債務整頓は行われず、依頼者は一層の負債地獄にはまってしまうことが9割方と考えてください。

「買取業」は、負債人のクレジットカードで、家電製品、何らかの利用券を大量に買わせて、その品を販売額の2割や額面半値で購入するという手段が主です。

当人は一時的にはキャッシュが手に入れられますが、カード会社から買ったものの支払い要求が送られてきて、現実には債務額を上乗せすることになってしまいます。

この際はカード会社への詐欺に当たるということで免責を手に入れられません。

「紹介屋」の場合消費者金融から借りられなくなった債務者に関して、直接的な融資は全然せずに、資金提供を可能である同業者を知らせ、常識外の紹介料を受け取るグループです。

つなぎ業者は手の込んだ経由で融通が受けられたというふうに会話しますが本当は何もしないで単純に調査のゆるめの店を説明しているだけなのです。

結局は負債額を悪化させることとなります。