遠まわしに使うクレジットのやり方は単純です。78-3-106

クレジットにおいてダイレクトに支払えない販売品をダイレクトに買うのではなく遠まわしに買い上げした方が良いのです。78-17-106

概略が簡明という理由で券のケースを使って示してみたいと考えます。78-13-106

例にあげようとしている女性が有名な服を欲しいと考えてじっとしています。78-2-106

その価値のあるコートを売りに出しているお店だとクレジットで払う事が不可能です。78-12-106

でもJCB、MasterCard、Diners clubなどののギフト券を用いるなら購入を認めてくれるといいます。78-19-106

という事でとある個人はクレジットカードで金券を買い付け出来る販売店に向かいカードを使用してVISA、NICOSなどのギフトカードを取り寄せしたとします。78-20-106

そうして用いたクレジットカードを用いて買い取ったMasterCard、NICOSなどのギフトカードを売店に所持しておもむき、買いたかった価値のある財布を買い取ったとします。78-1-106

「どうして金券でそれを購入した女性はそうした面倒な事をしてるの?」と思われる人もいるでしょうが今話した技法を用いるのであれば普通だったら獲得することのなかったクレジットカードポイントが貯まります。78-9-106

普通、お金を使う事で高価なカバンを購入したりした時でもカードローンポイントは得られませんしVISA、MasterCard、NICOSなどのギフトカードをお金で注文した後活用してもカードポイントはゲットできません。78-16-106

しかし上記で述べた例ではJCB、NICOSなどの金券をクレジットカードで買い取りしたという根拠により有名なコートを買った場合と等しい数のクレジットポイントが手に入れられる事になります。

こういう例が直接商品を買わずにカードを利用した状態になるという根拠で間接的クレジットと言われる手法です。