LINK

実際にPCのディスプレイの前に座りいつも変化している相場を眺めていると取引をせずにはいられなくなるという抑えようの無い感情に追い立てられる場合も少なくないだろう。アヤナス店舗情報

だけど、不確かな思いつきで売り買いをするのは絶対にしてはいけません。se フリー 年収 求人

事実、為替相場は終日常にいずれかで為替市場は関いているし市場もどういう時でも変動している。イワシの保存方法

しかし、だからといって立て続けに売買を積んでいくとその分だけ損をする率が上がってしまいます。ALT 運動

当然、売買の数を増やすことによって、次第に勝ち負けの確率が50%、50%になります。カイテキオリゴ 妊婦 効かない

しかしそれは「漠然とした勘でエントリー」することとは話が違います。

トレード回数を増やす意味というのは自ずから「ここは!」と直感した時機を得たところでの取引回数を増やすという事です。

ただ何となく、絶え間なく売買を重ねるのとはかなり違う。

市場の駆け引きに立ち向かうためには、あなたがメリハリをつけることが大事だ。

「ここは勝てる」とよく考えた市場の時には、迷うことなくポジションを増やして、儲けを追い求めます。

「明らかに難しい相場でどう動くのか理解できないな」と思案した時は諦めて保持ポジションをひとつ残らず閉じて何もしない。

これくらいのリズムをつけた方が最終的には売買は成功します。

相場の格言には「休むも相場」という言葉があります。

まさにその通り。

外国為替相場とは、いついかなる時でも売買ポジションを所有する事が大切ではなくポジションを持たずに待っている事も状況によっては取引です。

では、いつ休めばいいのでしょうか。

第1に言われるのが先に述べたように、最近の外国為替相場が今ひとつ判断できない時です。

今後円高になるのか、それとも円安になるのかが見通せない時は、分からないまま行動すると、自身で書いたストーリーとは逆に外国為替相場が向ってしまい、損失を被ることになる。

こうした場面ではポジションを減らしてそのまま何もしないで様子をみるのが良い方法です。

もうひとつの場面は、自身のコンディションが変なときです。

体の調子と相場に関係しないと感じる投資家もいますが実は考えている以上に関係あります。

健康状態が悪い時は、為替相場の大切な状況で冷静な決断を下すことが出来ない場合があります。

興味がわかない時は、マーケットから遠ざかる事も重要な事です。