LINK

貧血持ちの女性ってとても多いですよね。

そう言うわたし自身も貧血持ちです。

しかもかなり重度。

健康診断で引っかかり、精密検査を・・・となること数知れず。

精密検査をしに病院に行くと、かなりの低数値に驚かれます。

血色素量という数値が、健康な成人女性の半分以下なんだそうです。

血色素量とは鉄欠乏性貧血の値を示すもの。

これが低いと貧血と診断されるのです。

それが半分以下なんて言ったら、それはもう大変なことなのだそうです。

よく普通に生活出来ていたね、なんて、ドクターに言われてしまうくらい。

どこか他人事のように書いていますが、それもそのはず。

貧血って自分ではあまり気づかないんですよね。

例えば、正常な人が急に今のわたしの数値まで落ちてしまうと確実に倒れてしまうでしょう。

でもわたしのこの数値は、長年に渡りコツコツと下げてきたもの。

一朝一夕で辿り着いたものではありません。

なので、体が慣れてしまっているんですよね。

だから、事の重大さがわからない。

・・・これって怖いことですよね。

書いていて思いました。

自分を守るためにも、自分の体はちゃんと把握していなくちゃいけないなーと。

これまで無関心気味だった自分自身。

貧血を治すことを通して大事にしないといけませんね。